FC2ブログ

講習会・段審査

1月29日 日曜日 

静岡北部体育館 剣道場にて行われました講習会は、人数が多くて一杯で、

動きにくさや暖房の利きすぎで暑すぎたりしました。

人が集まると活気が出ますね~!


体操から基本を少ししてから、

茶帶以下と審査をお受ける人、

黒帯と別れてそれぞれの講習が始まりました。


私は黒帯の方で

先ずは荒井先生の講義が始まりました (^∇^)

30分くらい続いたでしょうか。。。



そのあとは、2人組で前屈立ちを相手の前足をよけながら足を左右に入れ替え、内受け・下段払い

追加で受けてからの応用技、内受けから相手の腕を掴みながら引き、そして突く。

号令がかかったら、素早く動く、受け技を体の締めを使って強く受けること。

そんな感じだったと思います。


20170201225741ce9.jpg


2017020122563986c.jpg


動いているとだんだん位置がずれ上手くいきにくい。

単純なことだけど、正確な立足を素早く、正しい位置で技を決める、の練習だったのではないかと思います。

今日は珍しく組手なのかな??

と思ったのが率直な気持ちですが、

日が経ってから考えると、

基本・型・組手の要素のあった内容だったと思います。

指導に    これ使えるな   って思いました。


最後の30分間はバッサイ小を分解していただき、教授しました。

時間が短かったため、細部がわからないところもありましたが、

ビデをを見るだけではわからないことが知れてよかったです。




すぐ隣では 菊地先生が指導していました!

20170201225512bda.jpg


茶帶と紫帯の練習風景を抜けて撮りました

茶帶4人 ユウゴウ、コウメイ、イッシン、ユウスケ

紫帶3人 カナト、ダイゴ、サアヤ    が参加しました。

20170201225837b52.jpg


20170201225534ab1.jpg


初段審査風景

今回は珍しく得意型にカンクウ大・ジオンを使った子が1人ずついました。



20170201225927b64.jpg


弐段審査風景

小学6年?  中学1年の女子二人

弐段の移動基本審査内容は全身を使い組手の要素がかなり高いので、迫力ありますよね!

初段は 鍛錬に耐え一通り技を使える、型を演武できる程度ですので、

受験内容に関しては、初段と弐段の格差はあるなと思います。(私個人の意見です)

だから弐段は絶対取りたいですよね~!


20170201230034cf6.jpg


20170201230052c0d.jpg

最後に

全空松審査もありましたが、電池が無くなりました💦

第1・第2指定型から一つ選定し、演武しました。




今回は全員合格でした!!!!   おめでとうございます!!!


浜松将陽館では、一番で合格できるレベルまで上げられるように練習をします。

頑張りぬく心が身に付き、  

この経験が自信となって、将来困難なことに立ち向かえる強さがある人間になると思います。

とにかく目標に向かって我武者羅に!!!  

かっこいい姿の自分を思い受べて~o(^▽^)o






関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。