FC2ブログ

昇段審査会・講習会

5月14日 北部体育館にて

県本部昇段審査会が行われました。

浜松将陽館からは

初段受験者は  赤羽倖明     

           金原優剛

全空松 初段   赤羽望

     参段   菊地富子 (自分)   

結果は  


全員合格~~   o(^▽^)o

20170524083839a0c.jpg

2017052400311006c.jpg


20170524003137bb3.jpg




初段受験者は、合格するぞ!!!!

って気持ちが前面に出せず、誰が見てもこれは合格!

ってならず、大丈夫かな~

という子たちでした。

受験することへの緊張感が焦りに変わり、

焦りを克服するために一生懸命練習することへの連鎖が生まれると思うので、

もっともっと絶対に合格するんだ!!!

という強い気持ちはとても大事ですね。

でも、合格できましたので、

初心に戻り、新たな気持ちで、強い黒帯になってほしいです!!


今回の初段審査中は、道場生を見守るギャラリーとしているつもりが、

今回は二部の年齢で女性が一人受験し、組手の相手をやってほしいということで、

久しぶりの自由一本組手やりました~汗




時代は変わつつあり、 受験する人のレベル、 保護者の感覚、が一昔前と違うことを実感します。

だから、私たちも、1か月間でなく3か月前から本人が集中して強い気持ちで稽古できるように、

環境を整えていかないといけないなと思います。


20170524083926b74.jpg





さて今回の2段位以上受験者

2段 大人2人 子供1人 受験 

3段 大人1人 受験しましたが  残念ながら 全員不合格でした。   w( ̄o ̄)w

得意型に加え

順路5段 (順路型)  (初段受験者も同じ)

慈恩 (選定型)    でした。


20170524003218441.jpg


ちょっと勝手に書かせてもらいます。(こう思っている人たちがいるという事です)



松涛連盟他県、他流派では、受験者を落とすことが目的ではないっていうことを聞いたことがあります。

合格してから、もっと強く、上手くなっていくと思うという評価の先生の言葉もありました。

ほんとそうだと思います!

もっと練習してこないと~という受験者もいますが、

その受験者は指導者の力量で変わると思うので、指導者の先生方、もっと徹底指導してほしいです。


体の使い方がわからないという方。


地味な基本稽古を徹底して力一杯やることで、自分で発見すると思うんです。

先生の指導内容もとても大事でその上に、やらされるんでなく、

自ら目標に向かう強い姿勢で稽古すると、使い方、極め方がわかるようになるかと。

自分の事ですが(笑)

茶帶の時はダッシュを何本もやった後みたいで荒い呼吸でv気管が痛くなり、最初から最後まで力を入れ

倒れそうだったこと何回もあります。

(バカですね~そこまでやらなくても? と、もう一人の自分が言います。)

もうその時は、次第に力が入らなくなって、おまけに自然に涙が出てきて。。。 

体が限界ですよっていう信号かな??(笑)

目から鼻から、毛穴から、穴という穴から体内の水分が出ていく。

そんな時代もあり、今があるけど。

その時は今より10歳若く動けてましたが、体の使い方、技の決め方は経験がものをいうと思います。

話外れましたが

まあ、1回の不合格ですから、懲りずに次合格するように稽古頑張ってほしいです(^∇^)

私もそうでしたからね~

これを奮起にさらなる上達を願っています。(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)




午前中は講習会でした~

浜松将陽館から、沢山の参加がありました。

次回もよろしくお願いします。

201705240029107b8.jpg


20170524002940b09.jpg


2017052400304191c.jpg



次回昇段審査は 9月10日ですよ~
  

























関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。